> > 老夫婦のリフォーム工事途中経過~下地状態でしか見れないこと~

老夫婦のリフォーム工事途中経過~下地状態でしか見れないこと~

しばらくぶりのブログです。
現在のリフォーム工事途中報告です。

まずは、玄関
もともとあった下駄箱は取り払い、玄関はすっきりとした状態で使いたいそうです。
こちらの収納に靴を入れるそうで普段は開けっ放しにし、お客様が来たときだけ閉めるようにするそうです。

genkan.JPG

段差を解消するため、手すりつきの台を設けています。


クロスを張ってしまうと見えなくなる、現在下地(石膏ボード)の状態です。
今しかわからないことがあります。


今回のリフォームは、なるべくフラットにスッキリと見せるように、極力「枠」をつけていません。
すべてクロスでくるむので、角には枠がほとんどありません。


こちらの入り口の下地は、木で縁取られているように見えますが、すべてクロスでくるんでしまいます。


iriguti.JPGwaku.JPG

将来、車椅子になった時ぶつかっても石膏ボードの下地だと痛んでしまうので、下地を板にしています。


建具はすべて吊り式で、家族だけのときはすべて開けっ放し、開放的に部屋を使うことが出来ます。

来客時に閉めるときも、軽く負担になりません。(まだ戸がついていないのでわかりにくいですが)

syunou.JPG

掘り込んだレールもすべて、クロスと同系色の色(ほぼ同じ)にする予定ですので、部屋全体が広く明るくなる予定です。

tategu.JPG


細かいところですが、材料と材料の間は、どうしても間が出来てしまいます。
そこの収まりをどうキレイにまとめるかが、施工業者の腕の見せ所のひとつです。


建てるときや、リフォームの最中は、こんな細かいところまで、なかなか気づきにくいですが、住んでみて気になる。ということもあります。
気になるところがない。それが、案外難しかったりするのです。

大阪の工務店住まい工房へ問い合わせる
無料相談

ページトップへ戻る

お気に入り登録ボタン

【あわせて読みたい関連記事】


【家の建て替え】長年やってて分かった!50歳以上で建て替える人の共通点

  【家の建て替え】長年やってて分かった!50歳以上で建て替える人の共通点


子ども部屋をリフォーム!空いたままではもったいない50歳からの有効な使い方

  子ども部屋をリフォーム!空いたままではもったいない50歳からの有効な使い方


50歳住宅ローンを組んでみたらこうなった!最低水準の金利この支払額は安い?高い?

  50歳住宅ローンを組んでみたらこうなった!最低水準の金利この支払額は安い?高い?


家を建てるなら知っておきたい。50代以上で建てた人が謳歌してるって話

  家を建てるなら知っておきたい。50代以上で建てた人が謳歌してるって話


▼大阪で建築の事なら、地元のベテラン1級建築士に相談