50代夫婦ゲンカしない間取りの秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加

50代趣味手芸最近、元気な50代60代が増えています。中でもいくつかの趣味を持ち、第二の人生を思いっきり楽しんでいる人にのことを「アクティブシニア」という呼び方をします。また、シニアと呼ばれるのに抵抗がある!という方に向けて「プラチナ世代」という言葉も生まれています。


呼び方はいろいろあるにせよ、この世代の方々は子育てを終え、自分の時間がたっぷりと持てるようになります。そうすると若いころの趣味を再度始めてみたり、新しいことにチャレンジするようになる人が多いようです。


とある趣味調査サイトによると、50代60代の趣味ランキング10位の中身には、「一人旅」「バイク」「神社仏閣めぐり」など、外へ出ることを趣味とされる方がいる一方で、「ギター」や、「刺繍」、「ポエム」、「小説を書く」「ジグソーパズル」など家の中でできる趣味も多くランクインされていました。


ここで、大切なポイントを一つ。


趣味を、思いっきり楽しむには、自分だけの空間が、家になければならないということ。夫婦であれば、干渉されない空間がそれぞれ必要だということです。
それがなければ、お互いの居心地が悪く、どちらかが外へ出るということになりかねません。


しかし、一人旅外へ出るにしても、家で行う趣味に比べて、お金がかかります。毎日一人旅というわけにもいかないでしょう。
それに、一人旅や神社仏閣めぐりなど、写真に収める方が多いので、それを思う存分広げて、思い出に浸る場所も必要ではないかと思います。


ですから、夫婦が、家でそれぞれ楽しむ空間を持っている。というだけで、ストレスから解放され、生活がうまくいくのではないでしょうか?


趣味を共有スペースに持ち込まれることに、ストレスを感じることもあります。そんなとき、狭くても、それぞれのパーソナルスペースがあるというだけで、自分たちの居場所が家にある。と感じることができます。


『つかず離れず』がキーワードになってくる、50代からの夫婦。家でも、外でも適度なコミュニケーションを持ちながら、それぞれの空間を持つことは大切なことではないでしょうか?


50代からのリフォームや建て替えで夫婦円満になる秘訣は、狭くても自分だけの空間!

【関連記事】
50代からリフォーム、建て替えする人に最適!究極の間取り


シニア世代 間取りと人生設計のルール

ページトップへ戻る

お気に入り登録ボタン

【あわせて読みたい関連記事】


【家の建て替え】長年やってて分かった!50歳以上で建て替える人の共通点

  【家の建て替え】長年やってて分かった!50歳以上で建て替える人の共通点


子ども部屋をリフォーム!空いたままではもったいない50歳からの有効な使い方

  子ども部屋をリフォーム!空いたままではもったいない50歳からの有効な使い方


50歳住宅ローンを組んでみたらこうなった!最低水準の金利この支払額は安い?高い?

  50歳住宅ローンを組んでみたらこうなった!最低水準の金利この支払額は安い?高い?


家を建てるなら知っておきたい。50代以上で建てた人が謳歌してるって話

  家を建てるなら知っておきたい。50代以上で建てた人が謳歌してるって話


▼大阪で建築の事なら、地元のベテラン1級建築士に相談