> > リフォーム見積もり最初はアテにならない!?その理由と失敗しない見積もり手法

リフォーム見積もり最初はアテにならない!?その理由と失敗しない見積もり手法

リフォーム見積もり書 イメージ写真リフォームは、「最初の見積書」と「最後の請求書」が異なることはよくあります。
実は・・・最初の見積書は、その時点の工事予測。『あなたの希望』や『現場の状況』の変化で変更される事はよくあるのです。


「やっぱり、グレードアップしたキッチンにしたい」という希望の変化や、「天井をめくってみたら雨漏りしていた」という表面的には分からない状況の変化があります。だからといって、すべて予想して見積もりすると大変な金額になってしまいます。


もちろん、あまり変わらない場合もありますが、
ほとんどの場合、最初の見積もりは"参考"と考えたほうが変化に対応しやすいでしょう。


ただ、最初に見積もりを取らなければスタートしませんし、見積書からその業者さんの仕事ぶりや得意とする分野が見えてくる事もあります。


失敗しないリフォーム見積もりのとり方についてご紹介します。参考にしてみてください。

■ リフォームの見積もりをとる前にする考える事

▼ 建てたところに依頼できないか検討

建てた建設会社であれば図面も残っているでしょうし、もし当時の担当者が在籍していれば何より心強いと思います。


特に、注文住宅や設計事務所などでじっくりと検討しながら建てた家は、信頼関係が出来ているので失敗することが少ないといえます。

家族で検討してみましょう。


もし、何らかの事情で建てたところに依頼できない場合は以下の方法を試してみてください。


■ リフォームの見積もりを依頼する業者選びのコツ

▼ 小規模リフォーム、機器の交換だけならリフォーム業者や設備業者に見積もり依頼

リフォーム業者のチラシをみて見積りを依頼する場合、注意しなくてはならないのは、掲載されている価格がそのまま適応されるとは限らないという事です。他に施工費が必要になる事が多かったり、限定価格という理由でリフォームを急かされることもあります。
細かい字も確かめながら、本当にお得か冷静になって考えるようにしましょう。

得意とするリフォームの見分け方については←こちらを参考にしてください。


▼ デザインや施工分離を重視するなら設計事務所

トータルリフォームの場合で、デザイン性を重視したり、設計と施工が分けたいという方なら、設計事務所に依頼するといいでしょう。

気に入ったデザインの設計事務所や、知り合いの建築家に見積もりをお願いしてみましょう。ただし、リフォーム規模によって行っていない場合もあるので、可能かどうか問い合わせてみましょう。


設計事務所についてはこちらを参考に
注文住宅で設計事務所が候補にあがったら知っておきたい4つのこと

▼ 飛び込み営業は、なるだけ避ける

リフォームを検討していると、タイミングよく飛び込み営業が来たりします。100%ではありませんが、飛び込み営業の業者とのトラブルが多く聞かれます。


【リフォームトラブル】事例と対処法 巻き込まれないために確認する4つの項目にも書きましたが、中には、追加工事も頼んでいないのに「見積もり金額と請求金額が大幅に違う」という事もあるみたいです。


なるべく飛び込み営業は避けるか、インターネットなどで、営業年数や評判をじっくり調べるようにしましょう。

■ リフォームの見積り依頼と見分け方のコツ

▼ 数社見積もり依頼する、でも多すぎてもダメ

以前、紹介サイトからこんな問い合わせを受けた事があります。「お客様は、10社ほど見積り依頼されているそうですけど、引き受けられますか?」

見積もりは数が多ければいいという訳ではありません。
取ったとしても、たぶん混乱すると思います。

比べて見て、こちらは機器自体は安いけれど、施工費が高い。そもそも項目が違うので比較できない。最終的に一番安い見積もりのところで選んだけど、追加工事で高くなった。という話もあります。


複数の見積もりは3社程度にとどめ、値段だけでなく見積書の項目、技術力や相性などで絞り込む事をお勧めします。


【参考】リフォームで値引き交渉する前に知っておくべき5つの事と決めておくべき2つの事


▼ 一般人が見ても分かりやすい見積もり書が1番

リフォームと同じく、見積書も見やすく分かりやすいのが一番です。

項目や書き方など、分かりやすい見積もり書を出してくれるところがベストです。


手前味噌ですが、弊社の見積書は他社にも褒められた見積書で、施工費、材料費などが分かりやすいと評判です。

もし見積もり内容に疑問があれば、キチンと聞くようにしましょう。
対応でも人柄や相性が分かるので、疑問は解決しておくことをお勧めします。

どうしても聞きにくければ、こんな公的なサービスもあります。

リフォーム価格の相場を公的機関に「無料」で判断してもらう方法

▼ 他の人のリフォームを見て相場感を養う

こちらは住宅情報サイトHOME'Sホームズさんのサイトです。参考価格が掲載されていますのでこういったサイトで相場感が養えます。


ただし、選ぶキッチンやトイレなどの機器は、選ぶグレードによっても大きく値段が異なります。
その点を理解した上で、最安値は参考程度と考えましょう。


▼ 「スゴク理想的」・「まあ満足」・「少し妥協」の3プランを作る

こんな経験はありませんか?
お店に買い物に行き、購入品は決めていたはずなのに、横にあった「コレが良く売れてます」に目が行く、店員さんの「こういう機能がありますよ」に心が動く。

デザインや機能・価格、どれに重点を置くのかは人それぞれですが、せっかく思い切ってリフォームするのですがら、毎日後悔をしながら過ごしたくは無いはずです。


まずは調べて「理想的なプラン」の見積もりをしてもらい、その後「まあ満足」・「少し妥協」の2つの見積もりを作るのはいかがでしょう?

スゴク理想がベストですが、必ずしもそういう訳にもいきません。ただ闇雲にあれもいい!これもいい!となるなら、

「スゴク理想的」・「まあ満足」・「少し妥協」の3つのプランと見積もりを作り、家族で話し合うことをお勧めします。

■ リフォーム見積もり、箇所が多くなったときのコツ

▼ 老朽化が進みリフォーム箇所が多い場合は建替えも検討する

多くの箇所のリフォームが必要になると、大規模リフォームをするよりも建替えのほうが、希望をかなえられることもあります。

家は建てたときから古くなっていきます。大切に引継ぎ、順番にリフォームしていくのか、それとも思い切って建替えるのか家族と話し合っておきましょう。


大規模リフォームになると少し異なる要素が必要になり、建てるだけ。トイレなどの入れ替え。だけを行うリフォーム会社では、少し難しくなります。
(リフォームでの)構造が分かる建築会社に頼んだほうが良いでしょう。


もし興味があれば、こちらから↓ダウンロードしてみてください。事例を交えていますので理解しやすく、建て替え・リフォームの決定ポイントが分かります。


『建て替え?リフォーム?決定する2つのポイントと成功させるために知っておくべき3つの方法』


■ まとめ

一部の心無いリフォーム業者のおかげで、頼むことを躊躇している人もいるようです。でも、老朽化が進んでからでは、余計に工事が増えたりすることもあります。
リフォームの話しが出たり、そろそろかな?と思ったときが行動する時、見積もり依頼されるときはぜひ参考にしてみてください。

ページトップへ戻る

お気に入り登録ボタン

【あわせて読みたい関連記事】



住みながらリフォームは大規模には不向き。その理由4つと仮住まいの探し方

  住みながらリフォームは大規模には不向き。その理由4つと仮住まいの探し方


「断熱リフォーム」お金かかっても一緒にしときゃよかった断熱効果とリフォーム方法

  「断熱リフォーム」お金かかっても一緒にしときゃよかった断熱効果とリフォーム方法


家のリフォーム仮住まい荷物が多くて入らない!そんなときに助かるサービス一覧

  家のリフォーム仮住まい荷物が多くて入らない!そんなときに助かるサービス一覧


▼大阪で建築の事なら、地元のベテラン1級建築士に相談