> > 家のリフォーム仮住まい荷物が多くて入らない!そんなときに助かるサービス一覧

家のリフォーム仮住まい荷物が多くて入らない!そんなときに助かるサービス一覧

PASONA_4_TP_V.jpg
家のリフォームを計画しているけれど、家を見渡すと婚礼ダンスや大量の衣服、本。

コレを移動させると思うと憂鬱。計画自体やめてしまいたい。とまで思う・・・

そもそも仮住まいの賃貸住宅に入るのか?
そんなあなたにピッタリな、便利なサービスをご紹介します。

■リフォーム中荷物の出し入れは必要ない。なるだけ面倒の無いようにしたい場合

▼リフォームの期間、引越し業者に預かってもらう

とにかく楽な方法がこちら。引越しのオプションとしてセットになっているので、手続きも楽チンです。自分で運ぶ手間もありません。

ただし、引越し業者によって様々な制約があるので、きちんと注意事項を知る必要があります。仮住まい中荷物の出し入れは基本的に出来ないと思ったほうがよさそうです。引越しを業者に頼もうと思っている場合、コチラも選定の条件の1つになりそうですね。


art-hikkosi.jpg
アート引越しセンター
当社ではご家財の一時預かりサービスもおこなっております。
ご希望期間当社にてお荷物をお預かりし、改めてご転居先にお届けいたします。

お預かりする日数が短く、お荷物量も少ない場合は追加費用が発生しないこともございますが、基本的にお荷物のお預かりには保管料をいただいております。
料金は保管期間に応じた保管料、入庫・出庫の際にかかる運搬作業費と、その他ご希望されるオプションサービスの合算となります。"

sakai-hikkoshi.jpg
サカイ引越センター

当社ではお客様宅の新築、増設(リフォーム)に伴い、お引越をされる場合のみ、一時預かりをさせていただいております。料金はお預かりするお荷物の量や期間によって変わります。また特殊な品物につきましては、別途料金がかかります。

一時預かりにつきましては、当社規定により一時保管契約書等が必要となり、訪問してのお見積りとなりますのでご了承ください。

また、一旦お預かりさせていただいたお荷物はお預かり中は、一部のお荷物の出庫はできませんので、ご了承いただきますようお願いいたします。"

arisan-hikkoshi.jpg
アリさんマークの引越社

提携業者をご紹介致します。(※一時保管は有料。ご紹介のみは無料です。)"

ark-hikkoshi.jpg
アーク引越センター

建替えなど一時的に保管場所が必要な場合、当社で責任を持って保管します。"
(オプションサービス)


■運ぶ手間はかかっても、荷物を自由に出し入れしたい場合

▼自宅近くのトランクルームを借りる

お住まいの地域にある、トランクルームを探し利用する事も出来ます。ただし運ぶ労働力は、どんなに近くても必要になります。


トランクルームを借りた場合の、大阪と東京の相場を書いてくれているサイトがありましたので転載します。自宅の部屋の畳数を参考にどれくらい必要か考えてみましょう。

torank-room-nedan.jpg

出典:引越し侍 https://hikkoshizamurai.jp/plan/storage/

地域によっては借りる部屋を広くしたほうが、安くなる場合もあるかもしれませんね。


torank-room.jpgリフォーム中の荷物の預け入れは、自宅に出来るだけ近いほうが良いのですね。地域から選べるサイトがありました。
例)大阪のトランクルームを探す。
https://www.homes.co.jp/trunkroom/osaka/city/

出典:ホームズ

地域を選択すると、位置と一覧になって表示されます。
広さや設備、駐車場、セキュリティ、収納する量、モノによって最適な場所を探しましょう。

▼庭もしくは空き地にコンテナを入れる

kontena-house.jpg
設置・撤去費はかかりますが、日にち計算だけだと300/日~と安価です。(トラックに乗っているようなコンテナの場合)

奥行きのあるものから、冷蔵や冷凍、断熱材仕様冷暖房つきの休憩スペースにも使えるコンテナもあります。

コンテナというと大型のイメージですが、長さ3メートルほどの小型のタイプもあります。荷物の量など必要に応じて選択してください。


以前、「荷物多く、でも処分はしない。」というお客様の施工した際、広いお庭があったのでコンテナを入れて対応しました。側面が引き戸のタイプで、いつでも荷物取り出せるので便利だったようです。


コンテナは置き場所が必要になりますが、庭におけるスペースがあれば、運ぶ距離も少なく手元に置いて置けるので安心で便利です。


■まとめ

もちろん費用がかかる事なので、目的にあった方法を選択するようにしてください。また、提携会社があると安くなる場合もあるので、建て替え業者さんにも相談するようにしてください。

荷物を減らすということはいろいろな意味でコストダウンにもつながります。
【注文住宅 コストダウン】建てる前にある事をするだけで一石二鳥

建て替えやリフォームの話が出れば少しづつでも、片付けていく事をお勧めします。


ページトップへ戻る

お気に入り登録ボタン

【あわせて読みたい関連記事】


リフォーム見積もり最初はアテにならない!?その理由と失敗しない見積もり手法

  リフォーム見積もり最初はアテにならない!?その理由と失敗しない見積もり手法


住みながらリフォームは大規模には不向き。その理由4つと仮住まいの探し方

  住みながらリフォームは大規模には不向き。その理由4つと仮住まいの探し方


「断熱リフォーム」お金かかっても一緒にしときゃよかった断熱効果とリフォーム方法

  「断熱リフォーム」お金かかっても一緒にしときゃよかった断熱効果とリフォーム方法



▼大阪で建築の事なら、地元のベテラン1級建築士に相談